【レシピ】本場のシュクメルリ

RECIPE

シュクメルリはジョージア料理の代表ですが、松屋がメニューに出すようになった日本にも浸透しました。ところが、本場のシュクメルリについて調べてみると、松屋のものとは大きく異なるようです。

海外の日本食のレストランに行って、SUSHIと出されたものが日本のお寿司と全く異なることってありますよね。きっと日本在住のジョージアの方も「日本のシュクメルリはシュクメルリではない」と思っていると想像しています。

今回は、英語で紹介されていた本場のシュクメルリのレシピを参考にし、日本でも作りやすいようにしたレシピを紹介したいと思います。

松屋のシュクメルリ

本場のシュクメルリのレシピを紹介する前に、まずは日本で流行った松屋のシュクメルリを紹介したいと思います。

松屋はクックパッドで、『松屋のシュクメルリ』のレシピを公開しています。

松屋公式!お家で『松屋のシュクメルリ』 by 松屋公式
『シュクメルリ』とはジョージア国の郷土料理で、2020年1月中旬〜2月まで全国の松屋で期間販売したメニューです。

レシピを見ると、材料にサツマイモ、シュレッドチーズ、クリームシチューの素、醤油等々が入っているのが分かります。

一方、ジョージアで食べられているシュクメルリには、サツマイモ、チーズといったものは入っておらず、もちろん醤油も入っていません。よって松屋のシュクメルリは、シュクメルリにインスパイアされた似た食べ物という感覚でしょうか。

それでは、本場のシュクメルリのレシピをここから紹介したいと思います。

材料(2人分)

鶏もも肉1枚 300グラム
にんにく3片
バター20グラム
牛乳200ml
少々
こしょう少々

とってもシンプルな材料ですね。

なお、牛乳すらも使わないレシピもあるようですが、今回は牛乳も使っています。

作り方

1.鶏もも肉の処理をします

本場のレシピは丸鶏を使うことが多いようですが、日本でも作りやすいようにもも肉のみを使うレシピにしています。

鶏もも肉(2枚)を半分に切り、塩コショウを少々しておきます。

2.鍋で鶏もも肉を焼きます

バターを鍋に入れて弱火にかけます。

溶けてきたら鶏肉を皮を下にしていれ、中火で焼き色がつくまで焼きます。(7分前後)

焼き色がついたら、ひっくり返して反対側を焼き(7分程度)、両面焼けたら、鶏肉を取り出します。

3.シュクメルリの決め手、にんにくを入れます

次にシュクメルリの決め手となるニンニクを鍋に入れていきます。

火を弱火にして、鍋にみじん切りにしたにんにくを加えてじっくりと炒めます。

バターと鶏の脂が溶け出したところにニンニクの良い香りが十分に立ってきたら、牛乳を加えて中火にします。

4.鶏肉を戻し入れて、煮込んで完成です

牛乳が沸騰してきたら、鶏肉を加えて4~5分煮ます。

お皿に盛り付けて完成です。

鶏肉、バター、ニンニクの旨味が凝縮されたスープができるので、バケットと合わせてお召し上がりください。

楽天レシピでも公開しています

主夫がつくる本場のシュクメルリ レシピ・作り方 by 主夫マコト|楽天レシピ
楽天が運営する楽天レシピ。ユーザーさんが投稿した「主夫がつくる本場のシュクメルリ」のレシピ・作り方ページです。本場のシュクメルリは、鶏肉、にんにく、バター、牛乳等のみで作るシンプルな料理の様です。本場では丸鶏でオーブンを使う様ですが作り易いようにアレンジしています。詳細な材料や調理時間、みんなのつくレポも!

つくったよレポートをしてくれると嬉しいです。よろしくお願いします。

それでは、また。

楽天レシピキャンペーン

楽天レシピに新規入会すると楽天スーパーポイントが5ポイントもらえます。
レシピを投稿すると50ポイント
つくったよレポートを投稿すると10ポイント
つくったよレポートをもらうと(レシピ投稿者に)10ポイント
それぞれ楽天ポイントが付与されます。
以下のリンク先から登録できます。

コメント