【レシピ】春巻きの皮でつくるオニオンタルト

RECIPE

以前住んでいた街にあったフレンチレストランの名物料理スイートオニオンタルトの再現レシピです。スイートオニオンは甘みの強い玉ねぎで、アメリカやカナダで栽培されていますが、日本の新玉ねぎに似ています。

また、そこのレストランでは一般的なタルト生地ではなく、中東で食べられているフィロ生地と呼ばれるイーストが入っていない薄い生地が使われていました。フィロ生地のパリパリとした食感が美味しく、シンプルな具に合っていました。

今回は、日本で入りやすい春巻きの皮で作ってみましたが、美味しくできたので紹介したいと思います。オーブンを使いますが、簡単に出来るので作っていただければ嬉しいです。

材料(2人分)

新玉ねぎ1.5個
オリーブオイル大さじ1
生クリーム100ml
1個
少々
こしょう少々
春巻きの皮4枚
バター10グラム
オリーブオイル小さじ1
パルメザンチーズ(すりおろしたもの)大さじ2
小ネギ(小口切り)適量
黒コショウお好みで

6.5インチ(16.5センチ)のスキレットでちょうど良い分量です。
新玉ねぎで作りましたが、普通の玉ねぎでも代用可能だと思います。

作り方

新玉ねぎを炒める

まず新玉ねぎをみじん切りにします。フライパンにオリーブオイル(大さじ1)を引いて、弱中火で玉ねぎに焼き色がつくまでじっくりと炒めます。(10分~15分程度)

春巻きの皮のタルトを準備します

バターを電子レンジ(500W15秒ほど)で溶かし、オリーブオイル(小さじ1)と混ぜます。

春巻きの皮に一枚ずつバターとオリーブオイルを混ぜたものを塗り、お皿の上で重ねていきます。

4枚重ね終わったら、オリーブオイル(分量外)を塗ったスキレットに入れます。(スキレットの側面には適宜沿うように折りながら入れてください。)

タルトの具材を準備します

粗熱をとった炒めた玉ねぎをボウルに入れて、生クリーム、溶いた卵、塩、こしょうを加えて混ぜます。

そして、春巻きの皮を入れておいたスキレットに入れ、上からパルメザンチーズをかけます。

オーブンで焼きます

予熱しておいた230度のオーブンで15分~20分焼きます。(オーブンによってクセがあるので様子を見ながら、焼いてください)

焼きあがったあとに、お好みで小口切りにしたネギ、黒コショウをかけて完成です。

楽天レシピでも公開しています。

主夫がつくる春巻きの皮でオニオンタルト 母の日にも レシピ・作り方 by 主夫マコト|楽天レシピ
楽天が運営する楽天レシピ。ユーザーさんが投稿した「主夫がつくる春巻きの皮でオニオンタルト 母の日にも」のレシピ・作り方ページです。新玉ねぎのオニオンタルトです。フィロ生地の代わりに手に入りやすい春巻きの皮で作ってみましたが、美味しくできました。詳細な材料や調理時間、みんなのつくレポも!

つくったよレポートをしてくれると嬉しいです。よろしくお願いします。

それでは、また。

コメント